今所有している一戸建てを売却して新しい家を購入する方法

住宅を探すなら不動産会社を上手く利用しよう

取引に関すること

一戸建ての取引も二極化へ

一戸建てを売却する場合、築年数が古いものは、なかなか買い手がつかず、更地にしない限り取引が成立しません。また、高齢化が進んでいる地域などでは、新たに家庭を作る若者夫婦が激減しているため、こちらも売却するのが難しい状況です。 バブル時代は、今では考えられないほど不動産取引は活況で、一戸建ても思い通りに売却できましたが、バブル崩壊後は、安値で売りたたかれる状況になりました。 ようやく落ち着きを取り戻してきましたが、今度は将来的に人口減少問題が囁かれており、人気のある都市部地域や、地方都市でも若者の人口が増えている地域以外では、一戸建ての売却は難しい状況です。 今後は、益々この状況が顕著になり、一戸建ての取引についても二極化すると考えられています。

売却できずに空き家が増えています

売却できない一戸建ては、更地にして土地として売却するか、そうできなければ現状維持となります。こうしたことが、一戸建ての空き家を増加させ、社会問題となっています。空き家の一戸建ての多くは、築年数がかなり古いため、ボロボロの状態で、壁が崩れたり、屋根がはがれていたりと、近隣住民に危険を及ぼす状態になっています。 また、放火などにも狙われやすいことから、自治会などでも対応に苦労しています。 更地にするためには、費用がかかるため、その費用を捻出できない場合は、このような状況が続くと考えられ、今後は、少子高齢化も進むため、ますます一戸建ての空き家が増えていくと考えられています。 自治体での買取など、行政としてもいろいろと検討をはじめているようです。

ページトップへ戻る
Copyright © 2015 今所有している一戸建てを売却して新しい家を購入する方法 All Rights Reserved.