看板の外部に設置する照明

メンズ

外照式のライト

規格看板の中には夜間での視認性を確保する為に、照明を用いる場合もあります。看板の照明には二通りあって、スタンドタイプの規格看板などでよく用いられる内照式と、壁面や屋上に設置される規格看板によく用いられる外照式があります。内照式は看板の内部に照明が設置されており、看板の裏側から透過光によって板面を浮かび上がらせます。一方外照式は照明を看板外部に設置し、板面の表側から照射光をあてます。外照式は透過性のある素材でしか利用できない内照式と違って、看板の素材や大きさに関わらず利用でき、すでに設置してある看板に後から照明システムを導入できるメリットもあります。また内照式と違って外照式は屋外に照明が設置されているので、手の届く範囲なら電球の交換が行いやすい利点もあります。広い範囲を少ない光で効率的に照らし出すことが出来るので、大型の看板であるほど外照式のメリットは大きくなります。外照式の規格看板に古くから利用されてきたのは、スポットライトや蛍光灯といった照明です。スポットライトは指向性のある円状の光を照射するため看板の形状を選ばず、光量も多いので屋外看板の多くで利用されています。一方蛍光灯は細長い線上の光を均一に照射するため、長方形の看板をスポットライトより少ない数で照らす事が出来ます。最近ではこうした従来の照明に対して、明るく消費電力の少ないLED照明が主流になってきています。現在使用している規格看板の照明をLEDにする場合は、従来の電球をLED電球に取り換えるだけで利用できます。省電力で電気代を削減でき、長寿命なので交換の回数も削減できます。ただ蛍光灯タイプの照明を利用していた場合、一般的な蛍光灯型LEDライトだと指向性によって利用できない場合があるので、屋外看板専用の蛍光灯型LEDを使用する必要があります。

RECOMMEND POST

男性

看板に活用される樹脂

電飾看板や壁面看板などの規格看板には、アクリル板が用いられていることがほとんどです。ガラス並みの光透過率を持つのにも係わらず、軽量で加工もしやすいというメリットがあるためです。耐天候性も高いものの、傷には気をつける必要があります。

メンズ

企業や商品アピールが可能

街角に溢れている看板の多くは、サイズが決まっている規格看板を利用して作られた物が殆どです。既にサイズや形が決まっている規格看板を利用することで、安価にオリジナル看板を作ることができます。規格看板の種類で特に多いのは、アルミ製の突き出し看板や木製のA型看板です。

Copyright© 2017 お店に規格看板を設置しよう|低コストで宣伝が可能 All Rights Reserved.