イニシャルコストを下げる

街

材料にステンレスを使う

店舗や会社の位置を伝えるためにも規格看板は重要な役割を果たしていて、最近では電気料金を下げるためにも規格看板内の照明をLEDにするところが増えてきました。しかし、規格看板は大型になればなるほど設置にかかるイニシャルコストもかかり、運搬代金や設置工事費用も別料金になっているため、高価格になってしまいます。規格看板を設置するまでの料金を下げる方法として、看板サイズを少し小さくしたり、内部から照らす方法ではなく外から照らす方法に変更したり、設置位置を下げることによって工事費を下げる方法などが考えられますが、規格看板に使う原料を変更することによってもコストを下げることが可能です。電飾規格看板はフレームと看板面の素材がありますが、フレームについては規格看板ではアルミが使われていることが一般的です。アルミは錆びにくくて軽いのが特徴ですが、鉄と比べてコストがかかるので、屋外であれば錆びにくくて丈夫なステンレスを使った方がコストが下げられます。特に大型の規格看板の場合にはアルミより丈夫なことがメリットとなります。更にコストを下げるには、屋外での使用には適しませんが、スチール製の規格看板を選ぶことができます。屋外看板ではフレームにはステンレスを使用したとしても、雨の影響を受けない内部の骨の部分にはスチールを使うことによってイニシャルコストを下げることができます。スチールは加工がしやすいこともコストを下げる要因になっています。

RECOMMEND POST

男性

看板に活用される樹脂

電飾看板や壁面看板などの規格看板には、アクリル板が用いられていることがほとんどです。ガラス並みの光透過率を持つのにも係わらず、軽量で加工もしやすいというメリットがあるためです。耐天候性も高いものの、傷には気をつける必要があります。

メンズ

企業や商品アピールが可能

街角に溢れている看板の多くは、サイズが決まっている規格看板を利用して作られた物が殆どです。既にサイズや形が決まっている規格看板を利用することで、安価にオリジナル看板を作ることができます。規格看板の種類で特に多いのは、アルミ製の突き出し看板や木製のA型看板です。

Copyright© 2017 お店に規格看板を設置しよう|低コストで宣伝が可能 All Rights Reserved.